千葉県の刑事事件に関する無料相談(弁護士法人 大江戸下町法律事務所)

千葉の弁護士による刑事事件の相談 | 千葉事務所:千葉駅徒歩5分 東京事務所:御徒町駅徒歩2分

  • HOME
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
03-5807-2885東京 | 043-216-5211千葉

盗撮容疑で逮捕されたが不起訴処分になった事例

依頼者

年齢:20代  性別:男性  解決期間:およそ2カ月間

 

依頼時の状況

盗撮容疑で逮捕され、処分は保留のまま釈放されましたが、就職活動中を直近に控えており、
前科がついては就職が困難になるため、なんとか被害者と示談をしてほしいと相談があり、依頼を
受けました。

 

結果(弁護士が入ってどうなったか)

本人に聴き取りをしたところ、単に前科をつけないようにするためではなく、出来心で起こした初犯で
あったため、もう二度とこのようなことをしないためにも示談をしたいとのことでした。

 

そこで、すぐに検察官に連絡をとり、被害者の連絡先を聞き、示談交渉に臨むことにしました。
被害者は未成年であったため、親に連絡を取ったものの、最初は示談を拒んでいました。
しかし、本人が強く反省していることと、現在の状況を伝えると、まずは会って話を聞いて頂けること
となり、結果的には2回の面談で示談成立、被害届の取下げとなりました。

 

しかし、この件では示談書と被害届の取下げのみでは検察官が即座に不起訴処分にはせず、
起訴も考えているとのことでした。

 

そこで、弁護人として検察官宛てに意見書を提出し、今回の事情に鑑みれば不起訴が相当で
あることを上申しました。その結果、不起訴処分となり事件は終了しました。
 

刑事事件で抑えておきたい内容

刑事事件の解決事例

刑事事件の流れ

事件解決の要望

弁護士費用

弁護士紹介

アクセス

 

ImgTop22.jpg

03-5807-2885東京 | 043-216-5211千葉

Access

千葉事務所:千葉駅徒歩5分 柏支部:柏駅徒歩3分 東京事務所:御徒町駅徒歩2分 弁護士法人 大江戸下町法律事務所事務所サイト 弁護士法人 大江戸下町法律事務所自己破産サイト 弁護士法人 大江戸下町法律事務所相続サイト 弁護士法人 大江戸下町法律事務所法人破産サイト 弁護士法人 大江戸下町法律事務所任意整理サイト